通販型自動車保険 メリット デメリット

通販型自動車保険のメリットとデメリットについて

 


通販型自動車保険というのが、
テレビコマーシャルでも宣伝される機会が多いです。

 

通販型自動車保険はインターネットなどを通じて、

 

申し込みなどの手続きができるのが特徴になっています。

 

このため、店舗などをもたず、
人件費も最小限に抑えられるようなシステムになっています。

 

このため、従来の自動車保険と比較すると、
保障内容をほとんど同じにした場合、
保険料を安くできるというところがメリットになっています。

 

またリスク細分型の保険が、通販型自動車保険では主流になっています。

 

このため、年間走行距離が少ないとか、

 

ゴールド免許をもっているという条件に該当すると、
保険料の割引が適用されます。

 

インターネットを使って申し込みをして、
保険証券なども発行してもらわなくていいということにすれば、
保険料の割引が可能です。

 

ただし通販型自動車保険に加入をする場合、
デメリットもあります。

 

それは、代理店の場合、
代理店のスタッフと話をすることができます。

 

しかし通販型自動車保険の場合、
交渉をする場合に直接保険会社の人と話をしないといけません。

 

保険の場合、
下手すると億単位のお金が動く交渉にもなります。

 

そのときに、素人が保険会社の方と直接交渉をして、

 

納得いくような結論を引き出せるのかというと、
一抹の不安を感じる人も多いでしょう。

 

しかし事故対応についてもあまり引けをとるところもありませんし、
自動車保険選びをするときには候補の一つに入れておいてもいいでしょう。