人身傷害補償保険とは

人身傷害補償保険とは

 

 


自動車保険の中には、
人身傷害補償保険という保険があります。

 

もし自動車保険の契約をしている車両に
同乗していた人があなたが起こした自動車事故によって、

 

けがをしたり死亡してしまった場合に補償が受けられます。

 

こうしてみると、疑問に感じる人もいるでしょう。

 

それは「搭乗者傷害保険とどこがどのように違うのか?」という点です。

 

基本的な保障内容は同じですが、いくつか異なる点があります。

 

まず搭乗者傷害保険の場合、
もし損害が発生した場合に支払われる金額は、
契約によって決められています。

 

しかし人身傷害補償保険の場合、
もし損害が発生をした場合に、

 

どのような損害がおきたかということをベースにして保険金を算出して、
支払うというシステムになっています。

 

ですから人身傷害補償保険は、
事故を起こして、保険会社の人が査定をして、
金額が確定するというシステムになっています。

 

けがの場合、
なかには仕事ができずに収入がなくなるケースもあります。

 

このような逸失利益についても補償の対象になります。

 

また搭乗者傷害保険は、
契約をしている自動車にのっている人が
事故でけがをしたり死亡した時が補償の対象となります。

 

人身傷害補償保険もそのような契約内容になっています。

 

加えて、保険証券に記載されている被保険者と家族に関しては、
ほかの自動車にのっていたときに事故で被害に見舞われた場合も、
補償の対象になってきます。

 

また歩行して移動をしているときに被害に遭った場合も、
補償の対象になっている保険が一般的です。