車両保険とは

車両保険とは

 

 


自動車保険の中の一つに、車両保険という保障があります。

 

車両保険は、もしもあなたが運転をしているときに衝突をしてしまった日

 

保険自動車に何らかの物的な被害がおきた場合に、
補償が受けられる保険のことを指します。

 

衝突のほかにも、火災や爆発によって被害を受けた場合にも、
補償の対象になります。

 

また台風や洪水、高潮といった自然災害についても
、補償に対象になります。

 

しかし自然災害については、少し注釈が必要です。

 

たとえば、地震や津波、噴火によって
自動車が何らかのダメージを受けたとします。

 

しかしこの場合、いくら車両保険に加入をしていても、
補償の対象にはなりません。

 

このことをきちんと理解をせずに
、請求をしてトラブルに発展してしまうこともあります。

 

また被保険自動車にすでに何らかのダメージがあった場合も
補償の対象にはなりません。

 

具体的には、摩耗を起こしていたり、
さびによって腐食を起こしている場合などが考えられます。

 

またダメージを受けた対象がタイヤだけというときも、
補償の対象から除外されます。

 

追突をしてしまった結果、
タイヤがバーストしただけだったというケースは、
保険金が支払われることはありません。

 

このように車両保険には、
いろいろな制約が加わっている可能性があります。

 

この部分についても、約款などにきちんと記載されていると思います。

 

そこで、契約をするときには、
約款を確認して不明なところや疑問点がないかどうか、
しっかりと確認することです。