搭乗者傷害保険とは

搭乗者傷害保険とは


自動車保険には、
いろいろな保障がついてくるようになっています。

 

その中の一つに、搭乗者傷害保険があります。

 

自動車を運転するときに、
家族などほかの誰かと一緒になるケースもあるでしょう。

 

このときもし自動車事故を起こしてしまった場合、
搭乗者が死亡したりけがをしたりする可能性も十分にありえます。

 

自動車事故を起こして、
被害者がけがなどをしてしまった場合には、
自賠責保険を使って賠償できます。

 

しかし自分の方では、
自賠責保険を活用することができません。

 

本人がけがをした場合はもちろん、
搭乗者に対しても何の保障もなされないというのが一般的です。

 

そこで搭乗者傷害保険が必要になります。

 

搭乗者傷害保険は、
自動車保険の中でも任意保険で保障されているもので、

 

搭乗者がけがをしたり脂肪をしたりしたときに、
保険金が下りるものを指します。

 

もし入院などをした場合には、給付金が支払われます。

 

給付金は、搭乗者が負った症状に応じて、
金額が支払われることになります。

 

搭乗者傷害保険ですが、
いくつか条件があります。

 

約款を見ていただけでお分かりかと思いますが、
「正規の乗車構図装置のある場所に搭乗している人」
を対象にして保障がなされます。

 

ちょっと難しいかもしれませんが、
すなわちシートに座った搭乗者を対象にしているという意味です

 

ワンボックスカーの荷台にのっているというケースは、
正規の乗車用構造装置ではないということになります。

 

結果、補償を受けられなくなってしまうかもしれないので、注意しましょう。
.