無保険者傷害保険とは

無保険者傷害保険とは

 

 

自動車を運転している時に、事故に遭遇してしまって、
あなたが被害者になることもあります。

 

この場合には、加害者と交渉をして、
治療費などの賠償金を請求することになります。

 

しかし中には、あなたがいくら賠償金を請求しても、
それだけのお金を用意することがでいないというケースもあります。

 

相手が自動車保険に加入していれば、
賠償請求をしても、きちんとお金を支払ってくれるでしょう。

 

しかし中には、自動車保険に加入していない
自動車が街中を走っている可能性もあります。

 

あるデータによると、現在運転している
自動車のうち3割程度は、無保険の自動車といわれています。

 

また、年齢制限などをつけている自動車もあります。

 

この時、その制限よりも低い人が運転をして、
あなたが事故に遭遇をした場合
自動車保険による保障が受けられなくなってしまいます。

 

またひき逃げや当て逃げというケースもあるでしょう。

 

この場合、もしかすると犯人の特定が
なかなかできないというケースもあるでしょう。

 

加害者が誰かわからない以上、
賠償や治療頻度の請求をすること自体ができなくなってしまいます。

 

このような賠償金や治療費を請求したくてもできないケースの場合、

 

自動車保険に加入していれば、
自分が加入をしている自動車保険から
加害者の代わりに補償を受けることができます。

 

これが、無保険者傷害保険ということになります。

 

自賠責保険だけでは、賠償できない可能性が高いので、
もしものために無保険者傷害保険に加入しておくべきでしょう。