自損事故保険とは

自損事故保険とは

 

 


自動車事故というのは、
何も被害者と加害者が発生するとは限りません。
単独で事故を起こす可能性も多いにあります。

 

たとえば、わき見運転をしていたところ、
標識に突っ込んでしまったというケースもあるでしょう。

 

またスピードの出し過ぎによって、
ハンドルの操作が不十分で、
カーブを曲がり切れずにカードレールに
ぶつかってしまったということもあるでしょう。

 

その結果、自分がけがをしてしまうということもあるかもしれません。

 

自賠責保険というのは、加害者ではなく、
被害者の救済のためにある保険という側面があります。

 

このため、自損事故を起こして、
もしも運転手がけがをしてもその治療費などの面倒は一切見てくれません。

 

スピードがある程度出ていて、
衝突事故を起こせば、
足を骨折したりなどの大きなダメージを
受けてしまう可能性もあります。

 

治療費もかさむでしょうし、
骨折をするとなると入院することもあるでしょう。

 

その間仕事をすることができず、
稼ぎが少なくなる、
自営業者やフリーランスの場合には
収入がゼロになってしまうこともあります。

 

もし自損事故保険に加入をしていれば
、あなたがけがをした場合の
治療費などの補償を受けることができます。

 

一般的に、治療費は
1日当たり6000円というのが目安になっています。

 

もしもあなたが死亡をするような自損事故だった場合には、
最大で1500万円が遺族などに保険金ということで支払われることになります

 

後遺障害が残った場合にも障害の度合いによっては、
最大で1500万円が支払われます。