対物賠償保険とは

対物賠償保険とは

 

 

 

自動車保険の基本的な保障の中の一つに、
対物賠償保険があります。

 

対物賠償保険というのは、ものを壊してしまった場合に、その賠償をする保険のことを指します。

 

自動車事故では、ものが破壊されることはつきものです。

 

たとえば、あなたの前方不注意によって、

 

信号待ちをしている自動車に追突をしてしまったとします。

 

中にいた人にけががなくても
自動車がへこんで半損を受ける可能性があります。

 

もしくは、あなたのハンドルミスによって
民家などに突っ込んでしまうということもあるでしょう。

 

すると、壊れたところの補修は事故を起こした
あなたが負担をしないといけないということになります。

 

突っ込んだところがスーパーなどのお店をしているところの場合、
店を壊すだけでなく、
売り物を破壊してしまう可能性もあります。

 

またしばらくの間、
店は休業をする羽目になってしまう可能性も高いでしょう。

 

そうなってくるとその間の利益逸失の補償も
あなたがしないといけなくなってくるでしょう。

 

利益逸失については、例えば相手がタクシーやバスのような
客を運んでいる車に対しても発生します。

 

このようなものにかかわる補償をしてくれるのが、
対物賠償保険ということになります。

 

もし対物賠償保険のついた自動車保険に加入していない、
上のケースのすべての弁償を自分のお金で負担をしないといけません。

 

特に店の利益逸失の補償は莫大なお金になるので、
自分で賄いきれないというケースも出てくるでしょう。