代理店型自動車保険 メリット デメリット

代理店型自動車保険のメリットとデメリットについて

 

 


代理店を通じて、自動車保険に加入する人もいるでしょう。

 

このようなタイプの自動車保険のことを
代理店型自動車保険と呼ぶことがあります。

 

代理店型自動車保険のほとんどは、
ディーラーで、副業として自動車保険の代理店業を営んでいるケースが多いです。

 

しかし1割程度しかありませんが、
専業の代理店も存在しています。

 

もし専業の代理店に依頼をした場合に、
プロに相談をすることができるところがメリットとして大きいでしょう。

 

自動車保険をどうすればいいか、
素人にはなかなか全部のことを判断することは難しいでしょう。

 

しかし専業代理店であれば、
いろいろな疑問をプロにぶつけて相談ができます。

 

よって、自分に合った自動車保険を苦労することなく、
見つけることができるわけです。

 

通販型でも電話で問い合わせをすることができますが、
代理店型自動車保険の場合、
対面で話ができるというところが大きいです。

 

ただしもし自動車のディーラーで保険加入をする場合には、
上のメリットが期待できません。

 

自動車に関してはプロでも、
自動車保険についてはずぶの素人である可能性も高いからです。

 

ですから、詳しい保障内容について聞いても、
わからないという結果になってしまうかもしれません。

 

また代理店が間に入ることで、代理店がマージンをとります。

 

その結果、通販型自動車保険と比較すると、
どうしても保険料が割高になってしまうというところも、
代理店型自動車保険のデメリットということができるでしょう。