自動車保険の相場はどれくらい?よくあるケースをチェック

自動車保険の相場はどれくらい?よくあるケースをチェック

今よりもっと安い自動車保険にして、かかるお金を節約する人は多いですが、車に乗っている人にとっては自動車保険は必要不可欠です。

 

しかし、保険料は補償内容に応じて変わって来るので、あまりにも安い保険は、きちんと保証されないこともあるので、値段だけで決めてはいけません。

 

保険料の相場は、様々な要素によって変わるので、保険料の相場を理解するためには、様々な要素を知っておく必要があります。

 

自動車保険料は年齢によって変わる

自動車保険料は、若い人ほど料金が高くなりますが、免許を取立ての若い人は運転の経験が不足しているので、事故を起こす可能性が高くなります。

 

また、若い人はスピードを出す傾向があったり、友人と車に乗って遊び歩いたりして、車に乗る機会が多いので、保険料も高めに設定されてしまいます。

 

実際に、免許を取り立ての20代の若者が軽自動車に乗るときは契約内容によっても異なります。

 

例えばA社の場合には大体相場として毎年3万9000円くらいかかりますが、40代であれば3万円ほどで済むので、乗る人の年齢で約9000円も違いがあります。

 

しかし、60代以上の人も若者と同じで、事故が起きる可能性が高くなるので、若干自動車保険料は高くなります。

 

自動車保の料金は等級によっても変わる

それぞれの自動車保険会社には、等級が存在して、事故を起こしやすい人と、事故を起こしにくい人が同じ保険料ということが無いように分けられています。

 

新しく保険に加入する時は、6等級から始まり、2台目以上の車を契約する場合には7等級になります。

 

例えば、25歳の人が自動者保険の見積もりをする時には、高校か大学の時に免許を取って、事故を起こさずに順調に等級が上がれば、9等級か13等級になっています。
それで、無事故の25歳の人が軽自動車に乗るときの保険料は、例えばA社の場合には大体相場として9等級で3万6000円程、13等級なら3万3000円程という金額になります。

 

順調に等級が上がり30代で軽自動に乗っている人は、等級に加えて年齢も上がっています。

 

A社の場合には大体相場として13等級なら3万1000円くらい、17等級なら2万9100円程とさらに少し安くなります。

自動車保険の相場はどれくらい?よくあるケースをチェック関連ページ

SBI損害保険
遠出をしてしまうという人でもリーズナブルな保険料で自動車保険を契約することができます。
アメリカンホームダイレクト
アメリカンホーム保険株式会社では、とにかく迅速な対応を心がけてくれています。
セコム損害保険株式会社の自動車保険の特徴について
セコムではとにかく救急隊社員が現場にすぐに駆けつけてくれるので、万が一事故が起きてしまった時などでもとても助かると言われています。
セゾン自動車火災保険株式会社の自動車保険の特徴について
セゾングループでは、セゾン自動車火災保険株式会社として自動車保険を取り扱っています。 これまでのお客様からのニーズを考えた上で保険プランを考えてくれているので、 保障内容なども本当に充実しています。
三井ダイレクト
三井ダイレクト損保保険株式会社の自動車保険の特徴というのは、三つの嬉しい特徴があります。
イーデザイン損害保険
イーデザイン損保保険株式会社の自動車保険は、契約者のニーズに合わせて自由に保険プランを組むことができるようになっています。
チューリッヒ保険会社の自動車保険の特徴について
業界の中でも最高レベルのロードサービスを行っているチューリッヒ保険会社の自動車保険の特徴についてですが、ロードサービスがとても充実しているために、万が一事故が起きてしまった場合や、車が故障してしまった場合のレッカー移動は100キロまで無料となっています。
朝日火災海上
朝日火災海上保険株式会社の自動車保険の特徴というのはロードサービス以外にもライフサービスや適性診断サービス、その他日本のサポートサービス、日本語アシスタンスサービス等があります。
損害保険ジャパンの自動車保険の特徴について
他社からの乗り換えでも迅速な対応を行ってくれると評判なのが株式会社損害保険ジャパンの自動車保険です。
アクサ損害保険
アクサ損害保険株式会社の自動車保険というのはたくさんの保障内容が充実していて、さらに保険料がとても安いということで評判です。
そんぽ24損害保険
保険の保障内容というのは対人賠償保険、対物賠償保険、対物超過修理費用補償特約、人身傷害補償特約、搭乗者傷害保険、自損事故保険の保険車傷害保険車両保険などがあります。
ソニー損害保険株式会社の自動車保険の特徴について
ソニー損害保険株式会社では自動車保険の費用ができるだけリーズナブルになるように走る分だけの保険料という仕組みになっています。
東京海上日動火災
ほとんど乗らない方に1日の自動車保険を契約することができる東京海上日動火災保険株式会社
日本興亜損害保険株式会社の自動車保険の特徴について
万が一事故が起きてしまった時でも保険金を一括で迅速に支払ってくれるという大きなメリットがあります。
ゼネラリ保険会社
ゼネラリ保険会社の自動車保険の特徴というのは、 ドライバーが運転免許を取得してから3年以上経過している場合には保険料が 安くなるというメリットがあります。
共栄火災海上
共栄火災海上保険株式会社の自動車保険というのは5種類分かれています。
あいおいニッセイ
あいおいニッセイ同和損害保険株式会社の自動車保険の特徴について
AIU保険会社
ゴールド免許の人は最大で16%の割引を受けることができ、新車の契約の場合には賠償や損害保険料は10%オフ、車両保険料は5%オフ。
富士火災海上
富士火災海上保険株式会社の自動車保険の特徴について
エース損害保険
エース保険株式会社の自動車保険というのはクラシックカー専門に自動車保険を契約することができます。