自賠責保険とは

自賠責保険とは

 

自動車やバイクを所有する人は、
自賠責保険に加入しないといけないことになっています。

 

もし加入をせずに自動車もしくはバイクの運転をした場合には、処罰の対象になります。

 

絶対に入らなければいけない保険なので、
自賠責保険は別名「強制保険」と呼ばれることもあります。

 

自賠責保険は、もし自動車事故を起こして被害者がけがをした場合には、
120万円を上限として賠償金が支払われます。

 

また最悪のケースで被害者が死亡をしてしまった場合には、
最大で3000万円の保険金が支払われることになります。

 

また命を取り留めても、何らかの後遺症が出た場合には、
その障害の程度に応じて、75~4000万円が支払われることになります。

 

以上が自賠責保険の保障内容ということになります。

 

このようにしてみると、
自賠責保険は保険に加入している人を守るための保険ではなく、

 

むしろ被害者を救済するための保険であることがお分かりいただけるでしょう。

 

このため、例えば自動車事故によって
自分もしくは同乗していた人がけがをした場合に、
治療費が支払われることはありません。

 

また物損事故の場合についても、
保険がおりることはありません。

 

また被害者がいて、その人ののっていた自動車やバイク、
自転車が壊れたとしてもその修理費用を負担することもありません。

 

また相手が死亡した場合、
3000万円で賠償が住むことは少ないでしょう。

 

場合によっては、億単位の賠償請求されることもあります。

 

自賠責保険だけでは実際に事故を起こした場合には
賄いきれないことは理解しておくべきです。